コンジローマの男性が治療で選ぶ病院|低価格で実績があるのは?

コンジローマの治療をご検討中でしょうか?

コンジローマで悩む男性

あなたはコンジローマの治療をご検討されている男性ですか?コンジローマは性病の一種であり、感染力の高い性行為感染症(STD)です。必ず症状が出るわけではないため、知らない間に感染してしまっているケースが非常に多いです。

 

症状が出ると性器にイボイボが出来て、徐々に増えていきカリフラワーのようになっていきます。このサイトは男性でコンジローマの治療を検討している人の為の情報サイトです。

 

一般病院と男性専門病院のどっちが良い?

 

一般病院(泌尿器科や性病科など)か男性専門の美容外科か?このどっちで治療するべきか迷っている人も多いかもしれません。どちらもメリット、デメリットがあります。簡単に以下にまとめました。

 

一般病院

【メリット】

保険が適用されると安く治療できる
【デメリット】
薬での治療が一般的であり完治に数か月かかる、病気の治療であり見た目はほぼ無視、女性看護師や他の患者さんとの接触がある

美容外科

【メリット】

病気の治療だけでなく見た目にも配慮(美容)、男性スタッフのみ(例外あり)でプライバシー配慮、一回の治療で除去が可能
【デメリット】
保険が適用されないため治療費が一般病院より割高となる

 

実際に診察に行くと、コンジローマだと思っていたら性病ではないフォアダイス(毛穴の出来そこない)だったというケースもあるようです。素人目には判断が付きにくいのが厄介なところです。

 

この場合は、保険が適用されませんし、見た目が嫌でも病気ではないからと一般病院では治療してもらえない事が多いです。女性看護師に問診されることもあります。その点、男性専門の美容外科であれば綺麗に根本からレーザーで除去してくれます。一回の治療で終わりです。見た目のコンプレックスを解消する為に、性病ではなくても除去治療を受ける男性が多いです!

 

結論

男性がコンジローマの治療をする場合は男性専門の美容外科での治療をお勧めします!完全に性病のコンジローマであり、塗り薬での治療を数か月続ける意志がある人は一般病院で診察してもらうのも良いでしょう。私は数か月もの間、性交渉が持てない上に薬を塗り続けるのは嫌でしたので美容外科で治療を受けました。ちなみに、実績が豊富な大手の美容外科であれば、治療費は3万円程度〜と低価格で治療する事が可能です。日帰りで終わりますし、再発でもなければ再度病院へ通う必要もありません。

コンジローマ治療で選ばれる美容外科ランキング!

亀頭周辺のブツブツ除去で定評がある人気の美容外科を厳選しました。クリニックの場所を確認して通える範囲であれば無料カウンセリングを受けてみましょう。予約はウェブで簡単に出来ます。まずは気軽に医師に相談してみましょう。

札幌・仙台・新潟・大宮・上野・新宿・横浜・千葉・名古屋・京都・大阪・岡山・広島・福岡

上野

25年の実績がある上野クリニックは、性病や包茎の治療として非常に高い知名度と実績があります。コンジローマだけでなく、淋病、性器ヘルペス、トリコモナス、梅毒、カンジダ、クラミジア、ケジラミなど性病全般の治療が可能となっています。勿論、非性病のフォアダイス等も除去が可能となっています。

 

全国14か所に診療所があり、通いやすい点も選ばれる一つとなっています。放置しておくと酷くなる一方のコンジローマですが、明朗会計の上野クリニックで治療する男性は多く、保険証の履歴に残らない、スタッフが全て男性、充実のアフターケアなど他院と比べて選ばれるだけの理由があるのが上野クリニックです。亀頭のブツブツ等を治療・除去するための費用も低価格です。実績や低価格治療で選ぶなら上野クリニックが一押しです。

 

札幌・盛岡・仙台・郡山・新潟・金沢・長野・上野・秋葉原・新宿・渋谷・町田・八王子・横浜・千葉・大宮・水戸・宇都宮・高崎・甲府・名古屋・豊田・岐阜・静岡・大阪・堺・京都・姫路・広島・岡山・高松・福岡

東京ノーストクリニック

全国35か所に診療所を構える大手の男性専門病院です。包茎を中心として亀頭のブツブツ除去(コンジローマ治療)などでも定評がある病院です。東京ノーストのスタッフは男性オンリーで、プライバシーの保護は万全です。治療時間も15分程度ですし、性病ではなかった場合も綺麗にブツブツを除去してもらえます。

 

コンジローマの治療は一度で終わる場合もあれば、再発して再度治療を必要とする場合があります。ノーストでは再診は無料となっていますし、アフターケアも無料で対応してもらえます。無料のカウンセリング実施中です。

 

札幌・青森・東京・名古屋・京都・神戸・岡山・小倉・熊本・那覇

コチラも全国展開の大手の美容外科となります。真珠様丘疹除去治療、フォアダイス等などのブツブツ除去は非公開となっていますがリーズナブルな事で知られています。無料カウンセリング実施中です。

 

尖圭コンジローマを調べる為に行われる検査の内容とは

医師カウンセリング

医療機関で尖圭コンジローマの診察を受けると、多くのケースで医師が視診及び触診で判断します。それは、典型的な症状の場合、見るだけで尖圭コンジローマかどうかの判断が行えるからです。しかし、性器周辺にイボが出来る病気は、何も尖圭コンジローマに限った事ではありません。その為、視診及び触診ではわからないケースもあります。こうしたケースでは、組織検査が実施されるのが一般的です。

 

組織検査では、患部に局所麻酔を打ち、イボの一部を切除します。尖圭コンジローマであるかどうかの判断に加え、イボが良性か悪性かといった事も、判断できます。また、イボが出来ていない状態でも、感染しているかどうかを調べられるのが、遺伝子検査です。ヒトパピローマウイルスの感染そのものを、確実に調べる事ができます。ハイブリッドキャプチャー法、PCR法といった2種類の方法がありますが、どちらでも感染しているかどうかを調べられます。

 

ただし、PCR法の方が精度が高く、ウイルスのタイプも判別可能です。なお、現段階ではウイルスのタイプが判別したところで、それを治療に活用する技術はありません。その為、ハイブリッドキャプチャー法でも十分と言えるでしょう。さらに、途中で追跡検査を実施するケースもあります。これは、治療の最中に異なるウイルスのタイプが検出された時などに行われます。

 

尖圭コンジローマは、重複感染が起こる事も有り得るので、治療の際は念頭に置いておくと良いでしょう。

尖圭コンジローマでは痛みの症状は現れないの?

赤ちゃん

尖圭コンジローマに感染してしまうと、一体どうなるのでしょうか。基本的に、男女問わず性器周辺にイボが出来るという症状は、変わりありません。女性の場合、膣内及び外陰部にイボがある状態で出産すると、尖圭コンジローマの感染源であるヒトパピローマウイルスが、赤ちゃんにも感染してしまいます。そうすると、赤ちゃんにもイボが出来てしまう可能性があるので、注意が必要です。

 

ただし、妊婦検診で出産時の母子感染は、ほとんど予防する事が出来ます。その為、気になるという方は妊婦検診の際に、医師に相談してみると良いでしょう。最初に性器周辺に出来るイボは、小さなサイズです。小さなサイズゆえに、放置する人も少なくはありません。しかし放置していると、イボのサイズを大きく成長していく上に、数も増えていってしまいます。よくある質問が、尖圭コンジローマでは痛みの症状は現れないの?というものです。

 

基本的に、痛みを感じる事は男女問わずほとんどありません。ただし、ごく稀にイボが急激に成長すると、ヒリヒリと焼けるような痛みやかゆみを感じるとされています。尖圭コンジローマで出来たイボは大変傷付きやすく、下着で擦れる事もしばしばあります。

 

そうすると、排尿の際に尿が染みて痛みを感じるといったケースに繋がります。どのようなケースにせよ、痛みの症状は現れる事は少なく、感じても軽い症状ばかりです。その為、尖圭コンジローマの症状を自分で判断するのは難しく、専門医に相談すべきと言えるでしょう。

病気ではないが見た目が悪い真珠様陰茎小丘疹の特徴

性病を疑う男性

コンジローマと間違われやすい真珠様陰茎小丘疹の見た目は、白いブツブツ状のイボです。見る人が見れば分かりますが、多くの人は医学的な知識もありませんので性病を疑います。亀頭の下の方にできるのが特徴で、陰茎にできるニキビとも言われています。確かに見た目は顔にできたニキビが膿んでいるというような感じとも似ているかもしれません。

 

真珠様陰茎小丘疹は、通常時はあまり分かりません。というのも包茎の方に真珠様陰茎小丘疹が発生しやすいといわれているため、通常は包皮の中に隠されています。そのため、見た目は通常の陰茎でしかなく、その方が真珠様陰茎小丘疹かどうかはその時点では分かりません。真珠様陰茎小丘疹があるかどうか分かるのは、やはり勃起をした時でしょう。

 

仮性包茎の方なら、勃起をした時に亀頭が出ますし、勃起時に白いイボが立ち上がるように見えるため、目立ちます。勃起した時に見ると、その見た目に驚くかもしれません。病気と間違えられても仕方がないような見た目と言っても過言ではありません。そのため、最近は包茎手術と同時に真珠様陰茎小丘疹の切除を行う場合も少なくありません。

 

ただ、見た目はどうであれ、病気ではなく生理現象の一つであるため、男性もあまり過敏になる必要はありません。ただ、男性が真珠様陰茎小丘疹に関してしっかり知識を持つと同時に、パートナーにも理解してもらわないと、結局最終的には破局してしまうことも考えられますので、注意する必要があります。正しい知識を持ってさえいれば、パートナーに誤解されることもなく、幸せな性生活を送れることでしょう。

包茎手術による性病罹患率の低下

恋愛

包茎手術を受けることを考えている方もいらっしゃると思います。そんな皆さんは、皆さん自身にとっての「包茎手術を受けるメリット」があるからこそ、手術を希望するのだと思うのですが、実は包茎手術が、「性病の予防にもなる」ということをご存知でしたか?性病というと、上記のコンジローマだけでなくいろいろな病気がありますが、どれも辛い症状をもたらします。

 

その上、性行為をする機会があった場合に、相手の女性に移してしまう恐れもあるので、包茎手術を受けることで、性病にかかってしまうことを予防することができるのです。なぜ、包茎手術が性病の予防になるのかというと、包茎だと、恥垢が溜まりやすいからです。包茎は、通常であれば露出した状態であるはずの亀頭が、包皮に覆われた状態であるため、亀頭と包皮の間に恥垢が溜まり、雑菌が繁殖しやすくなります。

 

性病を引き起こすような雑菌も繁殖しやすい状態なので、性病にかかってしまう恐れがあるのです。しかし、包茎手術によって包茎を改善すると、亀頭と包皮の間に汚れが溜まりにくくなるので、ペニスを清潔に保つことができるようになります。すると、結果的に性病にかかりにくい状態にすることができるのです。