包茎手術後の性行為はいつからOK?

包茎手術には興味があるけれど、手術後の後遺症やどのぐらいで普通の生活に戻れるのかはかなり気になるところですよね。包茎手術を検討されている方からは、包茎手術後の性行為はいつからOKなのかという質問がよく出てきます。まず、包茎手術には、切るタイプの手術と切らないタイプの手術があります。

 

切るタイプの手術とは、真性包茎やカントン包茎の方などが受ける手術で、亀頭の周囲の包皮をぐるりとカットするような手術になります。

 

この切るタイプの手術を受けた場合には、実際に皮を切っているわけですから手術後1週間前後は出血がある場合もありますすし、数か月は痛みが残って勃起すら辛いというケースもあるようですから、当然、性行為をしようとしても痛みがあるとできないですよね。

 

そして、仮性包茎の方などが受ける切らないタイプの手術の場合には、傷はほんの小さいもので、出血もほとんどないことが多いですから、入浴も当日OK、そして性行為も当日からOKと言われる場合がほとんどのようです。

 

さすがに切らない手術の場合でも、手術を受けた翌日は多少なりとも痛みがありますから、大事をとって安静にしておくほうが良いですが、痛みがなくなればすぐにでも性行為がOKというのが切らない手術の特徴のようです。

 

受けた手術やや個人の痛みに対する強さによって、いつから性行為ができるかは変わってきますから、手術を受ける前にいつから性行為がOKなのかを確認し、また手術後も傷跡の様子をみながら大事をとって医師の指示に従うようにしましょう。

コンジローマ治療病院