完治に時間がかかるコンジローマの再発率ってどのくらい?

再発率が高いといわれている、尖圭コンジローマ(コンジローマ)ですが、実際にどの位の再発率なのでしょうか。コンジローマにかかった人が3ヶ月以内に再発をする割合は、4人にひとりだと言われています。

 

コンジローマは性器や肛門付近にイボができ、肛門の中や膣の中にまでイボのようなブツブツが広がってしまいます。治療方法は麻酔をしてイボをレーザーなどで焼き切るか、性器の表面や肛門の表面のイボは、ウィルスを抑える外用薬を塗って地道に治していくという治療方法になります。

 

再発率が高いため、地道な治療を続けていくことが完治への大切なプロセスになります。地道に治療を続けていても、4人のひとりの方が再発をしてしまう高い再発率、しつこくてやっかいな性感染症ですよね。

 

また、コンジローマの中にはガンを誘発する悪性のものもあり、子宮けいガンの原因のひとつであるとも言われています。女性の場合には、妊娠前にコンジローマにかかると、出産の際に赤ちゃんにもうつしてしまう可能性があるため、出産前に完全に治すことが大切になってきます。

コンジローマ治療病院