どのぐらいの潜伏期間を経てコンジローマを発症するのか?

コンジローマはすぐに症状が出るわけではないというのが特徴の性病です。いろいろな病気には潜伏期間があるのですが、性病のコンジローマにもこれと同様に潜伏期間があるわけです。

 

それで、どのぐらいの潜伏期間を経て症状が現れるのかというと、これには個人差があるといわれています。1ヶ月ほどの潜伏期間を経てコンジローマの症状が引き起こされる人もいれば、1年くらいかけてようやく症状が引き起こされるという人もいるのです。

 

早い人だと3週間くらいで症状が現れるといわれていますが、割合的に多いのは1〜2ヶ月の潜伏期間といわれています。イボ状の発疹が見られるようになると発症したと判断していいのですが、発症してから放置しておくと数が多くなり、サイズも大きくなっていきます。

 

なお、人によってはこれといって症状がないまま落ち着くという場合もあるといわれています。これは免疫機能次第なのですが、知らないうちに勝手に治ってしまっていることもあるようです。

コンジローマ治療病院