コンジローマにかかると膿やにおいも発生するの?

尖圭コンジローマとは、ウィルスによって感染する性感染症であり、1、2ヶ月間の潜伏期間を経て、イボのようなものが出来始め、そのイボがどんどん増えていきます。

 

女性の場合には、子宮頸部や膣の中にできる尖圭コンジローマは、無自覚のことも多いですが、男性も女性も、肛門の周辺や性器周辺にできる尖圭コンジローマの中には、かゆみを伴うものや、が出るもの、ただれやかゆみなど、個人によって様々な症状が出るようです。

 

男性の場合には、常に包皮に亀頭が覆われている包茎の方は、垢や排尿時の残りが亀頭の表面に残りやすく、汚れがたまりやすく、皮に包まれて温かいという、ウィルスの繁殖にはもってこいの環境になってしまいます。

 

ですから、包茎の方のなかには、コンジローマにかかってしまったことをきっかけに、包茎手術を決心をなさる方もいるようです。

 

包茎手術によって亀頭が常に露出し、表面を乾燥させることにより、性病の温床をなくし、再発しやすいコンジローマの再発対策にもなると考えられています。

 

コンジローマの場合には、カリフラワーのようなブツブツとともに、赤みや膿の症状が表れてきます。

 

他にも、性器から膿が出る性病には、淋病やクラミジアも疑われますので、膿などの症状が出ている方は、パートナーにうつしてしまう前に、早めに泌尿器科を受診しましょう。

コンジローマ治療病院